読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波瀾

ブログを書くためのブログ

ブログをはじめました。

 

どうも。

 

「将来への夢」として語っていた職業を目指すモチベーションを失い

(もともとモチベーションを失っていたのに気付かず惰性で続けていたが、自分の今の気持ちを考えた時になかったことに気付いた)

 

就活か

企業か

とりあえず大学院か

迷った挙句

 

4年間毎日ツイッターで長文投稿して

法律論文を大量に書いてみたりして

なんやかんやあって

 

「僕は書くことが好きだ」ということで

 

堀江貴文さんの

「考えてる奴はヒマなんだ。

とりあえず行動してみろよ」

に影響されたりとかなんやかんやあって

ツイッターを掘ればそのなんやかんやが全部書いてあります)

 

ブログを始めてみることにしました。

 

とりあえず大学4年間で「自分」が大きく変わりまして

(まだ4年目が始まったばかりなので実際に大学で過ごした時間は3年間とちょっとですが)

 

いろいろなチャレンジを経て自分が大きく変化しまして(既にツイッターでリアルタイムにつぶやいていますが後日文章としてまとめてみたいと思います)

 

とりあえず「幸せになりたくて」

 

まずはブログをはじめてみることにしました。

 

そもそもツイッターが「マイクロブログ」(?)やら「ミニブログ」やら呼ばれているので、ブログをやっていたようなものかもしれませんが

 

140文字の区切りをいくつも重ねる文章ではなく、全部セットで一つの作品として(?)つくり上げる練習をしてみようと

 

まずはブログを始めてみることにしました。

 

とはいえ、ブログといえば黒歴史になりがちなもの。(既にツイッターでひたすら黒歴史を重ねているので今更感ありますが)

 

そして、ブログ特有の改行の仕方、というか文字配置、文字の大きさを変えてみたりとか

 

そもそもタイトルをどうするかとか

 

どのタイミングでツイッター連携してアカウントから流すかとか

 

色々考えるところもありまして

 

そもそも続けられるのかというアレもありまして

 

今流行のユーチューバーがやってるビデオブログのほうが自分のやりたいライフログなんじゃないかとか

 

まあとにかく自分の心が自分の心にツッコミを入れる

 

そして行動しない

いつものパターン

 

それを避けようと

 

とりあえずブログを始めてみた。

 

口調も安定しないし

どのくらいの長さがいいのかわからないし

どこで改行するのがいいのかわからないし

とにかくわからないことだらけですし

ブログをはじめる事自体何番煎じかと

(「煎じ」をGoogle日本語入力で変換できないのダメすぎませんか)

 

二番煎じとは、既に一回煎じているお茶をもう一度煎じる(要は使いまわし)こと、またそうして出来たお茶のことである。二番煎じは一番煎じにべ、味が薄く美味しくない。

またそこからかが既にやった行動を真似して行うことも二番煎じと呼ばれる。もちろん一番煎じにべ新鮮味や意外性は落ちている。

(引用:ニコニコ大百科 

 

とにかくブログ始めました。

終わります。

(1168文字)